report

ずっとお使いの愛用者レポート

 

Love Jessica

Love Jessica

2014年の秋。

Love Jessica

東京に撮影へ行ったとき、合間を縫って猫の踊る街 五反田へ。
目的はその五反田のランドマーク的なTOCビルの4階「インテリアショップ ippon」(現カンディハウス 五反田ショップ)。
そこには、上質な木をぎゅぎゅっと使った家具が、所せましと並んでます。

Love Jessica

あぁぁぁ。。。
いつか、こんなココロがゆったりできる家具と暮らしたいなぁ。。。
と思いながら店内を舐めるように見ていると
吸い寄せられるかのよーにヴィンテージコーナーへ。

えっ............?
待っててくれたの?愛しのジェシカ(勝手に命名)。

Love Jessica

ダイナマイトなスタイルがス・テ・キ♪
的な魅惑のヴィンテージソファが目にとまりました。

しかも、手の届く驚きのプライスで。。。。。。大興奮

ちなみに、ジェシカの名字は「ボルス」です。

すかさず、自宅に連絡をしてジェシカを迎え入れていいか確認。
....................................却下。木っ端微塵。

どーしても、そばに置きたいジェシカを目の前に途方に暮れていると
やってきました。東京で合流したコピーライターの西川さん。
「あら、いいじゃない。とってもステキ。買わないの?」と
横から悪魔のささやき。。。

あまりにも悩む自分を横目に突如 Facebookで
「えっ。これはお買い得!Y氏絶賛検討中。」なんてタグづけするもんだから
西川さんのタイムライン上で
「え!?これは、自分も欲しいです!!」とか
「やすー!」とか
「20%のオフィスに設置熱望。」とか、今にも売れそうな勢いのコメントが続々。
しかもその週末はセール。(驚愕
売れちゃうかも。売れちゃうかも。売れちゃうかも。。。と
気持ちばかりが焦る中、なんとっ!! うちのボスが

「いんでないかい。」と。。。。。神の声。

その後、タイムライン上に
我が社の税理士さんも登場してチャット状態に。(笑
タイムラインの主から「 あのう~、ここ、あたしんち。。。」とか
突っ込まれても無視してジェシカを手に入れるべく
熱いコメントが飛び交う中、税理士さんから「良いと思いまーす。」と
天使なコメントをいただきソッコーで予約しちゃいました。

 

Love Jessica

 

なんとも、よそさまのタイムライン上でこんな売買的な話が飛び交い
みごと一目惚れのジェシカをGETしたラッキ~な自分。
きっと彼女と結ばれる運命だったのかも知れません。的な。

なにか......何のための出張だか、もぉ~どぉ~でもよくなって(気絶
その出張から浮かれ気分で旭川まで帰ってきました。

 

そして............待つこと約1ヵ月。

Love Jessica

とうとう来ました。。。
我が20%の事務所にジェシカがっ!!!!
20%のあるビルは、それこそ旭川で一番古いヴィンテージなビル。
そんなビルにもマッチして、さらにセクシ~さに磨きがかかって見えます。

Love Jessica

Love Jessica

うちに来たこの娘の名前は、ボルス・ジェシカ。

今、20%の事務所で一番の存在感を放つこの娘は
全く古さを感じさせない洗練されたデザインと座り心地で
座る人たちを魅惑の世界へ誘ってやみません。

Love Jessica

現在カンディハウスさんで売られているボルスとは
背クッションの仕様が異なるタイプ。
年月を経て色気(深み)が増し、革や木部に愛らしさを感じるジェシカ。
長く使うことを視野に入れたつくりや
良質な木材が使われていることなどから、
つくり手の家具への愛情を感じることができるグレ~トな逸品。

これからは、20%とジェシカで
ゆっくりとステキなストーリーを育んでゆくつもりです。

Love Jessica

しかし......まだ一夜を共にしてません。。。呆然

 

株式会社20%
グラフィックデザイナー やはずのよしゆき
www.20pct.com