ippon & Vintage Blog

2015年7月のアーカイブ

ダイニングベンチスタイルのご提案!

2015年7月30日 21:00

ダイニングベンチスタイル パートナー背無

コンパクトなサイズで
様々なシーンに対応。

PARTNER パートナー LD ベンチ 155(FL)

無駄を極力省いたシンプルなスタイルの背無しベンチです。座面は、背ありタイプ同様寛ぎながら食事ができる適度なクッション性を持たせました。ダイニングはもちろん、単体でのご使用もおすすめです。座のクッションを取り外すことができるので、張り替えではなく、クッションごと交換が可能となっておりメンテナンスが容易です。
パートナーLDベンチ155(背あり)はこちらから

● オンライショップ http://ippon-onlineshop.com/shopdetail/000000000038/ct12/page1/recommend/
ippon by CONDEHOUSE  made in hokkaido,japan

on-lineSHOP限定販売 北海道産サクラ材仕様のレラDサイドチェアー登場!

2015年7月30日 20:50

rera レラ 風 ippon.jpg

人気のレラDサイドチェアーにオンラインショップ限定の北海道産サクラ材を追加しました。在庫限りの限定販売となります。お好みの張地をお選びいただけます。アイヌ語で「風(rera)」が由来のダイニングチェアー。先端部が自然と三角に変化する後ろ脚と背中をしっかりと支える背板のデザインが特長です。細く削りこまれたフレームは軽量で持ち運びも便利、カフェチェアーとしても爽快な空間を演出します。座面のバリエーションは、素材感や編み替えによるメンテナンス性の高さが特長のペーパーコードタイプと座張仕様をご用意しました。

http://ippon-onlineshop.com/shopdetail/000000000039/ct31/page1/recommend/
 

ippon by CONDEHOUSE  Made in Hokkaido,Japan 

ヴィンテージフェアインタビュー「Graphio/buro-stil 村井氏」

2015年7月18日 09:17

現在、ippon by CONDE HOUSEで行われている「Vintage & Used Furniture Fair」にて

渋谷区代々木にあるヴィンテージショップ Graphio/buro-stil グラフィオ/ビューロスタイルさん

セレクトのヴィンテージアイテムを展示販売しております。

 

今回、店主の村井さんに、ご自身が思う「ヴィンテージ・ライフ」「ippon(CONDE HOUSE)の製品」

「今回セレクトのヴィンテージアイテム」について様々なお話を伺いました。

 

 

今回のヴィンテージフェアとセレクトしていただいたヴィンテージアイテムについてお聞かせください。

ipponさんとは、昨年「CONDE HOUSE」第1号製品の"ロカールチェア"が当店に入荷した事が

ご縁でお付き合いをさせて頂いていたのですが、今回の『ヴィンテージフェア』をご一緒させて頂く事ができ、

大変感謝しています。

 

メーカーさんのショールーム空間で私どものセレクトした商品をディスプレイ販売させて頂くという展開は、

初めての機会でしたが「グラフィオ/ビューロスタイル」の店舗では実現できない新鮮な

”ヴィンテージ”のある空間を創出する事ができました。

 

 

今回のディスプレイ商品の構成を考えるうえで念頭に置いた事は、二つのお店のコラボレートでしか

実現しない空間づくりとipponさんの既存のお客様にも喜んで頂ける商品セレクトでした。

 

当店でも過去数多くの貴社製品をユーズドとして扱わせて頂き、ファンでもあった

「CONDE HOUSE」さんの家具に囲まれた空間だけにチカラを入れていろいろと検討しましたが、

貴店の中心である日本の木工クラフト家具のイメージとは敢えてミスマッチとも思える様な

アイテムも取り入れ、普段の店舗には無い個性的で楽しい空間にしてみようというものです。

 

具体的には、クラフト家具に相性の良い日本や北欧のヴィンテージ工芸やアートに加え、

イタリアやスペインのヴィヴィッドカラーのアイテムやアールデコのプレミアムなアイテム、

前衛的な現代アートなどをアクセントとして取り入れての構成です。

 

実際に完成したメインホールのショーケースやフェアコーナーは、和洋の様々な要素が

混在しながらも貴店のヴィンテージ家具が全体を引き締め、バランスの取れた魅力的でユニークな

空間に仕上がったと感じています。

 

LOVE VINTAGE 「ロカール探偵がゆく」はこちら

 

 

 

今回のフェアのテーマについて、村井さんが思う「ヴィンテージライフ」について教えてください。

ipponさんのショップコンセプト「ひとつ、を愛する生活。」は、当店にとっても非常に重要なキーワードだと言えます。

実は当店も『創作のひとかけら~Piece of Creation』という、同様の意味合いを持ったコンセプトを掲げています。

 

インテリアがファストファッションの様に流行に左右され、低価格な商品を短いサイクルで使い捨てる様な流れがあり、

ユーズド&アンティークの業界でも流行消費型ニーズが多数派となって来ているのが実情です。

環境保全の観点からも「良い物を永く大切に使う事。それが本来のエコにも繋がる事」だと思うのですが。

永く大切に愛着を持って使い続けられるモノを求めるお客様の意識と、それに応える、

飽きのこない質の良いモノを信念をもって提供する私たち販売側の意識の高まりが相互に必要だと切に感じています。

 

良質な素材、丁寧な技術、そして美しいデザイン。「ヴィンテージ」と呼べる商品には時を経た味わいだけでなく

過去の時代に生まれたからこその質の良さが既に備わっています。

 

古い時代の製品でしか見られない魅力。その魅力を提案している私たちの店舗では、その中から、さらに作り手の

個性や主張の感じられるユニークなセレクトを心掛けています。

お店に来て心に響くモノに初めて出会う楽しさ。だからこそ買ってからも愛おしみ大切に使い続けていただける。

流行を追った商品とは違い、その”出会い”こそがヴィンテージとしての本質的な魅力だと確信しているからです。

 

ひとつ、に出会い….ひとつ、を愛する。出会う事そのものから楽しむ事ができ、使い続ける事で愛着が増していく。

そんな”モノ”との付き合い方を取り入れる素敵な暮らし。ヴィンテージライフとはそういうものではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ippon(カンディハウス)とレストア&ヴィンテージへの取り組みについてはいかがでしょうか?

僭越ながらipponさんが扱うCONDE HOUSEの家具は、本当に流行に左右されない上質な製品を創り続けておられ、

当店でもユーズド、ヴィンテージ商品として過去にも多数扱わせて頂きました。

 

欧州的モダンテイストも感じさせながら、サイズや素材、そして丁寧な造りの良さ。日本の匠の技術を堪能できる本当に

美しいプロダクトが多数有り、数ある日本の家具ブランドの中でも大好きなメーカーさんです。

さらに、メーカーとして自社製品の買取、レストア販売に取り組まれる活動をされている事は画期的な事だと思います。

エコロジーライフが叫ばれる中で、家具メーカーさんの使命としての先駆けとなるアクションです。

 

また、モノづくりをする全ての生産者にとって、製造段階から永く大切に製品を使って頂くための

生産方法や体制を構築する規範となる意義深い企業活動だと思います。

 

私たち、ヴィンテージを扱う業界にとっても、また、一消費者にとってもとてもメリットの多い非常に嬉しい活動です。

このシステムが、インテリア業界や日本の製造企業に浸透して行く事を願って止みません。

 

 

 

 

 

余談ですが….

古いモノに拘る当店としては、前述の「ロカール」をはじめ廃盤となってしまった過去の作品の復刻生産などがあれば、

さらに「CONDE HOUSE」ファンとして楽しませて頂けると思っています…

 

一流メーカーさんのショールームと小さなヴィンテージショップの当店では立場は大きく違いますが、

このコメントを通して、「良い物を永く大切に使って頂きたい」という思いは同じであることを再認識させて頂きました。

 

消費者の皆様にも当店の、そしてippon by CONDE HOUSEさんの「ヴィンテージ」を扱うことへの思いが

少しでも伝わりましたら幸いです。

 

 

グラフィオさんとは、今回のフェアでショップ展示では初めてご一緒させていただきました。

今回、グラフィオさんに、雑貨や、食器などインテリア全体を作り出すためのアイテムをセレクトしていただき、

ipponの家具と組み合わせることで、非常に素晴らしい空間をつくりだすことができました。

 

CONDE HOUSEの家具はずっと長くご愛用いただけるようにていねいにつくられています。

既にヴィンテージとなっているもの、そしてこれからヴィンテージとなっていくもの。

そのまわりには、古いものだけでなく新しいものや、国内や海外問わず長く使えるよいものを

楽しんでミックスすることを想像しながらipponのお店をご覧いただければと思います。

 

フェア期間は8/31(月)まで。ヴィンテージ家具やアイテムは追加予定ですので楽しみにお待ちください!

 

 

「Vintage & Used Furniture Fair」について詳しくはこちら。

http://love-vintage.jp/iblog/2015/06/vintage-usedfurniture-fair74831.html

 

 

「Vintage & Used Furniture Fair」開催中!

2015年7月 6日 15:40

現在、ippon by CONDE HOUSEでは、「Vintage & Used Furniture Fair」を開催しています。

ipponでは、北海道旭川の家具メーカー「カンディハウス」のユーズド製品を買取り、

レストア(修理・再生)を行った家具を販売しています。

 

今回の「Vintage & Used Furniture Fair」の期間、そんなヴィンテージ家具とipponで販売している

オリジナル製品や照明、ラグなどを合わせ、お客さまに合った「ヴィンテージライフ」をご提案をしています。

 

期間中の特別企画として、渋谷区代々木にあるヴィンテージショップ

Graphio/buro-stil グラフィオ/ビューロスタイルさんの商品を展示販売しております。

 

『創作のひとかけら~Piece of Creation』をコンセプトに

アート、インテリア、工芸、広告などに関連したヴィンテージアイテムから

創作性の高い個性豊かなモノを選りすぐり既存のギャラリーでも

インテリアショップでもないヴィンテージアート&クリエイティブを販売しています。

 

ipponの家具やヴィンテージ製品に合わせて選んでいただいた様々なアイテムは、

国内外、年代を問わず、私たちの期待以上に個性豊かなアイテムばかりを集めていただきました。

 

 

Graphio/buro-stil グラフィオ/ビューロスタイルの店主 村井さんに

今回セレクトしていただいたアイテムや、「ヴィンテージ・ライフ」について

お話をお伺いしましたので、次回のブログにてご紹介いたします。

 

「Vintage & Used Furniture Fair」について詳しくはこちら。

http://love-vintage.jp/iblog/2015/06/vintage-usedfurniture-fair74831.html

 

ヴィンテージ製品ご愛用者インタビューはこちら。

→http://love-vintage.jp/iblog/2015/06/post-112.html

  • 1

Contents

オンラインショップ

カンディハウス

ヴィンテージ取扱店

カンディハウス 旭川
カンディハウス 道央
カンディハウス五反田ショップ