ippon & Vintage Blog

2015年4月のアーカイブ

建築家 藤井兼祐氏の"いいなぁのカタチ"建築展 Vol.02

2015年4月19日 10:26

 

前回に引き続き、藤井兼祐氏の"いいなぁのカタチ"建築展を開催していただきました、

建築家の藤井兼祐氏と、期間中、店内に多くのグリーンを展示していただいた

ランドスケープユニット「Kiyokazu」さんのインタビューをおおくりいたします。

 

 

 

●ipponのお店について、また気に入った家具があれば教えてください。

 

毎日お店の中でipponの家具を実際に使わせていただき、

いろいろなインプレッションを得ることができました。


まずラインナップ全体に言えることは、とても軽くて扱いやすいことです。

これは他のブランドと比べても特徴的だと思います。

ソファも女性の力でも十分移動できるレベルです。


そんな中でも、2脚の椅子が気になりました。

ひとつはレラダイニング サイドチェアーです。

フレームの材種や座面張地がカスタマイズでき、コンパクトな大きさで、

とてもシンプルなデザインです。

 

シンプルだけれどもディテールに流れるようなフォルムが与えられており、

時間が経っても古びたものにならないデザインだと思います。適度に抑制が効いています。

展覧会の開催中、これを使わせていただいて1日中座っていましたが、

あれ、そういえば全然お尻が痛くならないなぁという感じでした。

 


もうひとつはアリエスLDアームチェアー です。これも大変美しいラインを持っていて

初めのレラダイニング サイドチェアーと比べると大ぶりですが、

その分さらにリラックスした使い方ができると思います。

 

狭いスペースなら、中途半端にソファなど置かず、この椅子で兼用して

部屋を広々とつかうことも十分にひとつの選択肢になるのではないでしょうか。

 

 

※藤井氏にお選びいただいた製品はこちらよりご覧いただけます。

>>レラダイニング サイドチェアーはこちら

>>アリエスLD アームチェアーはこちら

 

 

今回、ランドスケープユニット「Kiyokazu」さんには店内に素敵なグリーンを展示していただきました。

 

●今回、はじめてipponで展示をしていただきましたが、ご感想と展示内容についてご紹介ください。

 

ソファの前やキャビネットの上に添えた植物が、不思議と馴染んでいます。

木肌が美しい家具と、植物はやはり相性が良いのでしょうか。

 

私たちは野山の風情のある木や草花と個性的な姿形をした植物と

どちらにも心惹かれるのですが、ipponさんのチェアにも同じような雰囲気を感じました。

 

形はシャープで美しくて、木肌が柔らかくて。

植物は小さな一鉢を置くだけで、その空間の空気が柔らかくなります。

ipponさんのチェアも一脚置くだけで、空間の佇まいを柔らかく変える、

こんなところも似ているのかなと思います。

 

入口の大きな樹は落葉樹の「マユミ」です。

春、小さな白い花を咲かせた後に、風鈴のような実を付けます。

 

 

店舗の中の丸い陶器皿に植わっている、

ひょろひょろとした苗木は「ギンドロ」。

期せずして、これから大きくなる森の気配が出たように思います。

 

 

 

kiyokazu(藤井清美 持山和美)

 

■Kiyokazu

藤井 清美 KIYOMI FUJII

1級造園施工管理技士、登録ランドスケープアーキテクト、2級建築士

 

持山 和美 KAZUMI MOCHIYAMA

1級造園施工管理技士、1級土木施工管理技士

 

 

■FUJII DESIGN STUDIO

小野 裕美 HIROMI ONO  一級建築士

 

 

 

岩間 一郎 ICHIRO IWAMA  ファイナンシャルプランナー、相続相談士

 

 

 

今回、ipponでのはじめての展覧会を開催することができたこと、

FUJII DESIGN STUDIOの皆さん、Kiyokazuさんには様々なご協力をいただき、大変感謝しています。

住まいをつくっている「建築」と「家具」と「植物」は、全てがうまく調和することで、

より心地よい住まい空間をつくりだすことができるのだと、私たちも、あらためて感じることができました。

 

是非、また機会があれば、このような展覧会を開催していきたいと思っておりますので

楽しみにお待ちください。

 

建築家 藤井兼祐氏の"いいなぁのカタチ"建築展 Vol.01

2015年4月14日 11:27

 

インテリアショップ ippon by CONDE HOUSEでは現在、

建築家 藤井兼祐氏の“いいなぁのカタチ”建築展を開催中です。

 

藤井氏が、旅や日常の中で“なんかいいなぁ“と感じた場所やモノたちを集め、

抽象的なフィーリングから、カタチ、建築へ。

 

敷地に応じて展開していく過程を、写真や模型を通してご紹介しています。

4/11(土)-4/20(日)まで開催中です。

 

今回、私たちもはじめてご一緒させていただいた

建築家 藤井兼祐氏に、ご自身の仕事や氏が提案する住まいについて

お話しをお伺いしました。

 

 

●藤井さんの仕事について教えてください。

 

フジイデザインステュディオは建築設計事務所です。

仕事は住宅や施設、工場などジャンルは特に定めていませんが、クライアントから直接依頼を受けたものを

プロジェクトとして行うことを基本としています。

 

これはその建築や家具を使う人たちが、極端に言えば徹底的に使いこなしてくれること

を重要と考えているのです。そのために実際にそれを使う人との対話が大変重要です。

 

ヒトやモノ、ヒトや自然がよい関係や良いバランスを社会の変化に応じて紡ぎだしていくことは、

よい社会を創っていく力になると考えています。

 

 

●現在チャレンジしていることはありますか。

 

私たちは住宅のプロジェクトを多く行っています。個人的には広場や公園、子供の施設や工場、

家畜小屋などに興味をもってトライしていますが、残念ながら実現には至っていません。

 

住宅の設計は建築の設計の中では小さなものですが、設計するものにとっては、大変エネルギーのいる仕事です。

ずっとそれを続けているのはやはりそれが好きなのだと思います。

 

 

 

 

 

●藤井さんが提案する住まいについて教えてください。

 

私たちのデザインは基本的にはシンプルで使いやすく、メンテナンスしやすい、

また開放感があり、内と外がプライバシーを保ちながら採光や通風をできるだけ活用する。

 

そのために必ず小さくても庭をつくる設計になっています。○○工法といった定型的な手法で

一元化せず、環境や相手に合わせて、合理的な手法をアッセンブルすることに長けています。

 

たくさんの選択肢の中で提案を受けながら、自分たちとって何が良いかのカスタマイズを

検討していくことが可能です。

 

住んでから楽しさがじわじわと伝わるそういう家にしたいと考えています。

 

 

私は住まいの中で、人が手や足でを触れる部分は木を多く使います。

手すりや建具そして床、ハンドルや家具もそうです。

 

やはり木は人にとても安心感や慈しみを与えてくれるところがあると思います。

良い家具は一生どころか次の世代でも使えて、人とモノ関係が深まります。

 

子供たちは自然にそれを見て育ち、その時はわからなくても大人になって、人とモノの関係が

壊れた状態が起きれば、知識を持たなくても、また教わらなくても、直感的に違和感を感じるでしょう。

そういうことが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

●今回はじめてippon by CONDEHOUSEで展示会を行ないましたが、感想をお聞かせください。

 

ipponの家具、それを支えているカンディハウスの考え方には、

私の考えよりもっと大きな大切さや豊かさが込められています。

 

このショップで自分が展示をさせていただけたことをとてもうれしく思っています。

家具をご覧になったついで、息抜きで今回の展示を楽しんでいただければ嬉しく思います。

 

 

 

 

今回の建築展の中で、藤井氏が、目線を変えてみることで感じられるフィーリングや、

日常に落ちている小さなきっかけを大切にし、それらを結び付けながら、

住む方にとって最も居心地の良い生活空間を提供しているのだと感じることができました。

 

小さくても必ず庭を取り入れる設計にされているとの言葉の通り住宅の中に取り入れられた

グリーンがとても印象的です。店内の特設会場内にも、多くの植物を配置していただき、

居心地のよい空間を作っていただきました。

 

氏がこれまでの日常で感じてきた、“なんとなくいいもの”を、

感じることができる大変見ごたえのある展示会となります。

 

好評につき期間延長しております。

4/20(日)までとなりますので、この機会に、是非お越しください。

 

 

 

■藤井兼祐氏プロフィール

藤井 兼祐 (FUJII DESIGN STUDIO)

1966 東京生まれ。

1995 FUJII DESIGN STUDIO設立。

1級建築士、1級建築士事務所登録、JIA(日本建築家協会)

JIA登録建築家 登録ランドスケープアーキテクト

FUJII DESIGN STUDIO WEBサイト:  www.kenyufujii.com

 

 

  • 1

Contents

オンラインショップ

カンディハウス

ヴィンテージ取扱店

カンディハウス 旭川
カンディハウス 道央
カンディハウス五反田ショップ