ippon & Vintage Blog

2012年10月のアーカイブ

何のパーツ?

2012年10月20日 18:00

 

旭川支店スタッフです。

カンディハウス旭川ipponショップがオープンして1年が経ちました。

まだまだ知名度は低いですが、木の素材感を前面に出した仕上げ、どこか懐かしいような愛嬌のあるデザインが徐々に人気を集めています。

これからも、より多くのお客さまに知っていただきたいと思っています。

 

さて、ipponブログをご覧頂いている皆さま、いつもありがとうございます。

突然ですがここでクイズを出したいと思います!!

 

 

g-101.jpg

 

ある日の工場でippon製品のパーツ在庫を見つけました。

まだ最終形になっていないこのパーツは 「なんという椅子のパーツ」 でしょうか?

上の画像はウォルナット材、下の画像がチェリー材です。

 

g-102.jpg

 

簡単ですね!

北海道ipponショップオープン1周年を記念して 正解者 抽選で5名様に革コースター5枚セットをプレゼント!

工場で出た本革のハギレを利用し、丸くカットしたコースターです。ハギレですので少々のカケ、キズなどがございます。色はお楽しみに!

 

応募は、10/31(水) までに、以下の宛先に必要事項を明記して送ってください。

<宛先 : asahikawa@condehouse.co.jp>

<件名 : ipponブログ係>

<必要事項>
・お名前
・郵便番号
・ご住所
・電話番号
・クイズの答え   (記入例:ゴルファー ダイニング (I) サイド チェアー)

※当選発表は商品の発送を持って代えさせていただきます。

 

たくさんのご応募を、お待ちしております!

※受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

プランニングもお任せください

2012年10月19日 19:00

planning_0.jpg

プランニングもお任せください

 

①まずはご相談ください。

どんな空間にしたいのか、イメージがあれば是非スタッフにお知らせください。

ソファーやチェアーの張地は布と革を合わせて200種類以上ございます。

既にお持ちの家具・カーテン等と合うか、心配な場合は気に入って頂いた張地のスモールサンプルをお持ち帰りいただけます。

照明・ラグ・壁面収納のトータルコーディネートも承っております。

ご相談の際には図面をお持ちいただくと、家具のサイズのアドバイスや配置の提案など、よりスムーズに打ち合わせ出来ます。

 

②お見積もり致します。

お見積もりは無料にて行っております。

具体的なお話が出来るか思いますので、お気軽にお申し付けください。お見積もりは後日郵送またはFAX・メールにてお届けいたします。

 

③お届けいたします。

壁面取付等が必要な場合は、施工専門の職人とスタッフがお宅に訪問して作業致します。

通常商品であれば当店提携の家具配送会社スタッフが丁寧にお届けいたします。

 

 

 

現在ippon五反田では「ふたつのダイニングスタイルフェア」を開催中です。

ふたつのダイニングスタイルフェア

10月28日(日)まで開催中です。この機会に是非!

イベント詳細

 → http://love-vintage.jp/iblog/2012/09/post-41.html

EXテーブル で空間を賢く使いこなしませんか。

 → http://love-vintage.jp/iblog/2012/09/post-44.html

自然と暮そう。 無垢のテーブルで囲む食卓について。

 →http://love-vintage.jp/iblog/2012/10/post-48.html

 

【ご購入特典】

① 期間中ダイニングテーブルをお買い上げのお客様に、

上質なファブリックを使ったランチョンマットをプレゼントいたします。

ランチョンマット.bmp

② 現在お使いのダイニングと入れ替えられる場合は、旧品を無料でお引き取りいたします。

お気軽にお申し付けください。

 

 

皆さまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

ふたつのダイニングスタイルフェア②

2012年10月 7日 15:00

solidtable.jpg

ソリッドテーブル(N)

サイズオーダーが叶える丁度よい食卓。

ソリッドテーブル(N)の天板は、自然の風合いを生かした個性あふれる無垢材を使い、

接ぎ合せて製作します。成長過程で生じた節や傷などはあえて残し、一枚一枚異なる表情で仕上げるのが特徴です。

脚の仕様を3タイプから選べる他お好みの天板サイズと高さでおつくりしますので、唯一無二の一台をあなたの元にお届けいたします。

 

選べる樹種は2種類。

ウォルナット.bmp  チェリー.jpg

ウォルナット/チェリー

オイル仕上げ

 

脚形状も選べます

gomagaraashi.jpg mariashi.jpgT-ashi.jpg 

ゴマ柄脚/丸脚/T字脚

テーブルの高さはダイニング以外にもリビング用(H=360)もご用意出来ます。

テーブル天板は50mm刻みでオーダー可能です。

 

天板の面形状もお選び頂けます。

天板面形状.jpg

●ふたつのダイニングスタイルフェア①の記事はこちら

 

 

ふたつのダイニングスタイルフェア

10月28日(日)まで開催中です。この機会に是非!

こちらのイベントは終了しました。ありがとうございました。

【ご購入特典】

①期間中ダイニングテーブルをお買い上げのお客様に、上質なファブリックを使ったランチョンマットをプレゼントいたします。

ランチョンマット.bmp

②現在お使いのダイニングと入れ替えられる場合は、旧品を無料でお引き取りいたします。お気軽にお申し付けください。

 

 

ご来店の際は是非、スタッフにお尋ねください。

maintenance.jpg

メンテナンスのご相談も受付中

普段のお掃除のついでに家具もお手入れしませんか。

オイル仕上げ家具は初めてだから、どうしたらよいかわからない・・

引っ掻き傷が出来てしまったときは?

冷たいコップはそのまま置いても大丈夫?

・・・そもそもオイル仕上げって?

 

そんな疑問をお持ちのお客様は沢山いらっしゃると思います。

オイル仕上げのお手入れ方法について、お気軽にご相談ください。

想像しているよりも、ずっと簡単です。

 

 

*****************************

ippon[一本]の家具は殆どの商品がオイル仕上げになっています。

(ヴィンテージ品を除く)

ご購入後のお手入れ方法も丁寧にレクチャーいたします。

実際に体験もすることが出来ますので、お気軽にお声掛けください。

 

 

 

皆さまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

  

カンディハウス道央ipponブース リニューアルのご案内

2012年10月 5日 11:56

北海道エリア 札幌にあるカンディハウス道央ショップ南棟に2Fに

ipponブ-ス リニューアルいたしました。

IMGP0038-w760.jpg

condehouseコレクションを展示している北棟からipponコレクションを展示している南棟へは渡り廊下でつながっております。

IMGP00058-v760.jpg

エントランス コンソ-ルにもご利用いただける 「une チェスト」は、チェリー材のレースのような木目が美しく、

ipponコンセプトには欠かせないアイテムのひとつです。

 IMGP00221-v760.jpgIMGP000116-v760.jpg 

モダンな深い紫色のシックな床との対比で、ipponの素材にこだわるコンセプトを引き立たせています。

IMGP000113-w760.jpgIMGP00228-w760.jpg 

ipponの「ソリッド&クール」なリビングシーンを是非ご体感ください。

IMGP00227-w760.jpg 

ワインのブドウの収穫もはじまり、北海道はオータムフェスで賑わっています。

新鮮で上質な物を楽しむ北海道のライフスタイル、ipponの家具と共にご案内いたします。

         

オイル塗装工場へ!

2012年10月 2日 15:06

 

今日は、カンディハウス内にあるオイル塗装工場を覗いてみました!

g-051.jpg

 

普段は職人がいるのですが今日はたまたまいなく、こっそり潜入になってしまいました。

工場内はオイルの良い匂いがしています。

 

g-052.jpg

大きなテーブルの天板が塗りを終えて検査を待っています。

 

g-060.jpg

こちらには「パートナーLDベンチ」がありました。

g-044.jpg

オイル塗装がされる前で、木の表面に木粉がついています。

これにオイルを塗りこむと、人の肌と同じようにしっとりと仕上がります。

 

g-050.jpg

最初の画像の右の方に寄ってみると……

 

g-048.jpg

塗りを終えた「ピリカ ダイニングチェアー」を発見しました!並んでいるとかわいいですね!

普段は張部が乗って見えないところも見えています。なるほど、こんな風に出来ているのか!

とまじまじ見つめてしまいます。

g-054.jpg

それにしても、やはり天然木はそれぞれ木目に個性があっておもしろいですね。

同じ材料でも節があったり白太が入っていたり、全体的に濃い目のものもあれば薄目のもの

もあります。同じものはひとつもなく、それが天然木の醍醐味です!

自然のままの木目をぜひ楽しんでいただきたいです。

 

実は、木目の規則的なようで不規則な模様の間隔は「1/fゆらぎ」と呼ばれる自然現象の法則と同じで、

人に心地よさを与えると言われているそうです。

 

ご自宅で 美しい、ただひとつだけの木目を眺めながらくつろぎませんか?

 

ぜひお近くのipponショップへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 1

Contents

オンラインショップ

カンディハウス

ヴィンテージ取扱店

カンディハウス 旭川
カンディハウス 道央
カンディハウス五反田ショップ