blog

旭川の「ひとつを愛する人」を訪ねて

心から気に入ったものを、何年も何十年も使っている人がいます。
壊れたり破れたりしたら、つくった会社に頼んで修理して、また使い続けます。
一方で、ひとつのものを何十年もつくり続けている人があります。
材料が減ったり変わったり、職人さんが少なくなったりしても、なんとか工夫してつくり続けます。
旭川の、そんな「ひとつを愛する」使い手とつくり手のお話を聞きました。